ブログ/株式会社ブリジック

消費生活における人対人のコミュニケーションってやっぱりすごい!

0

     

    昨日、息子のバッシュを買いにスポーツショップに行きました。

    息子は自分でサイズを探して試着しようとしていましたが

    私はいつもの癖であまり探しもせずたまたま目が合った店員さんにお願いしてしまいました。

     

    そうしたら息子のサイズはないジュニア用で探していたことが判明し、

    同じタイプの大人用のサイズを出していただけました。

    ついでに息子が膝が痛いと言っていたのが気になってきいてみたら

    対策となりそうなインソールをご案内いただけました。

     

    ここまでは有りがちな有がたいお話ですが、

    少し買い物した後、私自身のスニーカーが気になり気に入ったデザインのものを試着しました。

    サイズは合っていても足にしっくりくるものはなかなかないだろうと思っていましたが、

    店員さん曰く、幅は2Eがいいとか土踏まずが深いタイプがいいとか、、、

    そして「用途は?」との質問にうっかり

    「ジョギングを始めようと思って♪」

    と答えたら、あるタイプのジョギングシューズをお勧めされ履いてみたら、

    ぴったり!

    あまりのぴったり加減にシンデレラになった気分でした!

     

    もちろん、即購入!

     

     

    そして翌日には早速走ってみました。

     

     

    小3の次男には

    「クラスで一番遅い子よりも遅い、、、」

    と呆れられましたが、私はとても気持ちよく走ることができて感激でした。

     

    もしかしてもしかすると、この店員さんとの何気ないコミュニケーションが

    運動不足の私の体質を変えるきっかけになるかもしれません。

     

    オンラインショッピング、オンラインメンター、Eラーニング、

    とても便利な世の中で私も恩恵を受けていますが、

    人対人のコミュニケーションって、生活、趣味、そして習慣にさえも

    劇的に良い変化をもたらす可能性を秘めている!

    と感激してしまいました。

     

    来年はコミュニティ駅伝、コミュニティマラソン大会に出場を目指します!

    現実的になったら同じスポーツショップでウェアやグッズ等色々購入することになりそうです♪

     

     


    中国人インターン生、ブリジックにてお仕事体験!

    0

       

      今年も宇都宮大学からの国際インターン生がブリジックにきてくれました。

      中国語、日本語、英語を話す知的で真面目な学生さんでした。

       

      ちょうど矢板市内の企業にてコミュニケーション×英会話クラスの開催がありましたので

      彼女も講師体験をしました。

      英語での自己紹介以外に中国語での自己紹介をご案内したところ好評をいただいたと思います。

       

      通訳を介しての会議であっても現地語で自己紹介をするだけで場がとても和みます。

      これは多くの国の方に共通することかと思います。

      皆さんも日本語を話さない海外の方との会議での冒頭に

      一生懸命に覚えた日本語で自己紹介されたら、笑顔がこぼれるのではないでしょうか。

      相手の国の言葉であいさつするだけでも場の雰囲気は変わりますよね。

       

      最終日に駅まで送ると学生らしいアプリを使って写真を撮ってくれて、

      ブログへの掲載も許可してくれました。

       

       

      9月半ば頃には矢板市のウェブサイト、「みんないっしょに〜 かうんとダウン!! 」

      にも登場します。

      チェックしてくださいね!

       

       

      9月24日追記

      シキさん、矢板市のウェブサイトに登場しました!

       

       

       

       

       


      SJWC、異文化コミュニケーションの国際学会に参加して参りました!

      0

         

        皆さん、異文化コミュニケーション学会のSIETAR Japan (シータージャパン)をご存知ですか?

         

        http://www.sietar-japan.org/

        https://www.facebook.com/SietarJapan/

         

        シーター・グローバルネットワークの中の一つである異文化コミュニケーション学会です。

        今年はこのSIETAR Japanで世界大会が開催されました。

        2018 SIETAR Japan World Congress

        略してSJWC、この異文化コミュニケーションの国際学会に私も参加して参りました!

         

        ◆テーマ: 『異文化共存に向けて:不確実な未来に共に向きあう』
        日時:2018年8月8日(水) 〜 8月11日(土)
        場所:中央大学多摩キャンパス

         

        小中学生のイングリッシュキャンプから中1日、今度は私にとってのイングリッシュキャンプ!

        (英語だけでなく日本語のワークショップもたくさんありました)

         

         

         

        とても興味深い異文化コミュニケーション関連のワークショップを体験したり、

        アカデミックな講演を聴講したり、とても充実した3日間を過ごすことができました。

         

        ここのところは経営に集中し現場の仕事からは離れているため

        私の英語力は低下しているように感じていましたが

        3日間英語漬けになると

        話しやすく、聴きやすくなっていることを実感しました。

         

        会いたいと思っていた方々にたくさん会えて、コミュニケーション学を満喫して、

        夢のような3日間でした。

         

        いつか

        皆さんにこの感動をお伝えする機会を設けられるとうれしいと思います。

         

        ありがとうございました。

         

         


        「異文化愉快だ宇都宮」のロゴをいただきました!

        0

           

          宇都宮市の「愉快な取り組み」について
          お見かけになった方もいらっしゃるかと思います。

           

          ○○○
          愉快だ
          宇都宮

          というロゴを作りそれぞれ販促等に活用するという取り組みです。
          https://u-pride100.com/logo/

           

          ブリジックもこちらのロゴを作成いただきました。
          ○○○にはブリジックの社名の由来ともなった「異文化コミュニケーション」から
          「異文化」を選びました。

           

           

           

          異文化というと抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
          一方私達は「異」に対して「興味」や「憧れ」を抱く場合も多いのではないでしょうか。

           

          みんな違う、だから面白い。
          異文化を超えたコミュニケーションはもっと面白い。

           

          ブリジックでは社内研修としての「異文化コミュニケーションセミナー」をご提供しております。
          麗澤大学名誉教授の八代京子氏監修の本格的なセミナーであり、
          実際に八代先生が講師、ブリジック木村、他数名が補助講師を担当いたします。

           

          異文化とは「外国の文化」とは限りません。
          親子、夫婦、男女、上司と部下、先生と生徒、、、
          日常のあちらこちらに散りばめられた異文化を超えることで
          「一歩先へ」を実現されてはいかがでしょうか。

           

          詳しくは是非お問合せください。

           

          「一歩先へ
          国境を、言葉を、そして文化を超えて」
          をお手伝いいたします。

           


          ブリジックでのインターン最終日にヒジャブパーティー!

          0

             

            この度、ブリジックに学生インターン生が初めて来てくれました。
            宇都宮大学に通うとても優秀なマレーシア人女子学生達です。

             

            素直で、謙虚で、努力家で、感謝の気持ちを持っていて、
            見習うことばかりで私達もとても勉強になったと感じています。

             

            そして日々の異文化間コミュニケーションも楽しみでした。

             

            イスラムの女性達が頭部に身につけている「ヒジャブ」についても色々教えてもらううちに興味が湧き、
            私達もつけてみたい!とお願いしてみました。
            そしてインターン最終日、
            いろいろなスカーフのような布を持ってきて私達にもつけてくれました。

             


            キラキラ光るピンをつけたり、待ち針のようなものをさしたり、
            とにかくいろいろなつけかたがあって、まるで着物の帯のようだと思いました。


            彼女達は「ヒジャブを身につけなくてはいけいない」、というより、
            「身につけるものだから、ヒジャブでのおしゃれを楽しもう」、
            という感じでした。
            与えられた環境の中で謙虚に楽しんで、努力して、感謝して。

             

            私は自分の置かれた環境には感謝したいと思っていましたが、
            彼女達にはかなわないな。と感じました。

             

            日本にいながらにして国際コミュニケーションができるって素晴らしいですね。

            彼女達を駅まで送った後、また早く会いたいなぁ、としんみりしてしまいました。

             

             

             



            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            2425262728  
            << February 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 宇都宮商工会議所の会報「天地人」に掲載いただきました!
              ヨッシー
            • ベンチャーズにとってのビジネスプランコンテスト
              yukiko
            • ベンチャーズにとってのビジネスプランコンテスト
              ヨッシー
            • 弊社名「BRIDGIC」が商標登録されました
              yukiko
            • 事業拡大のため増資しました
              yukiko
            • 弊社名「BRIDGIC」が商標登録されました
              ヨッシー
            • 事業拡大のため増資しました
              ヨッシー
            • 一般の方向けの完全個別レッスンをスタートしました
              yukiko
            • 一般の方向けの完全個別レッスンをスタートしました
              ヨッシー
            • 下野新聞ASPOに掲載いただきました!
              yukiko

            profile

            書いた記事数:112 最後に更新した日:2019/02/13

            search this site.

            others